共同研究を行っている海外の研究者を外国人客員教授・准教授として迎え、その後も共同研究を展開しています。
   
2017年度-
 
Dr. Mary Nuessen Carrington
Basic Sciences Program, SAIC-Frederick, Inc., NCI-Frederick, USA
 
HLA及びKIRに関する研究
Studies of HLA and KIR in HIV-1 infection
 

   
2013-2014年度
 
Dr. Victor Appay
INSERM / Universite Pierre et Marie Curie-Paris6, France
 
HIV感染症における病因に関する研究
A study of pathogenesis in HIV infection
 

 
2013-2016年度
 
Prof. Christian Dieter SCHÖNBACH
School of Science and Technology, Nazarbayev University, Kazakhstan
 
T Cell receptor recoginition of antigenic epitopes and escape mechanizms of HIV
 
 

   
2012年度
 
Prof. Charles R M Bangham 
Department of Medicine, Imperial College, UK
 
ヒトレトロウイルスに関する免疫の研究
A study of immune responses to human retroviruses
 

 
2009-2012年度
 
Dr. Mohamed Ali Borghan
Department of Biological Sciences & Chemistry College of Arts and Sciences,
University of Nizwa, Oman
 
HIV感染症における細胞傷害性T細胞の研究
Study of cytotoxic T cells in HIV-1 infection
   

   
2002年度  
   
Dr. Fouda Mohamed Bahaa
Abbassia Fever Hospital, Egypt
 
 
エジプトにおける32塩基欠損CCR5の検出及びHIV/HCVとの関連について
DC-SIGNとの結合に関与するHIVエンベロープ領域の決定
 

   
2001年度  
   
Dr. Martin Phillip Mbonde
Muhinbili University College of Health Sciences, of the University of Dar es Alaam, Tanzania
 
 
エイズの神経病理学
 

   
2000-2001年度  
   
Dr. Busarawan Sriwanthana
National Institute of Health, Ministry of Public
 
   
タイ型HIV-1に対する細胞性免疫の研究  
   

   
2000年度  
   
Prof. Danuta Kozbor
Temple university, USA
 
   
HIV-1に対するT細胞機能の研究  
   

   
1999年度  
   
Dr. Mohamed El-Farrash
Mansoura University, Egypt
 
   
エジプトにおけるエイズウイルス(HIV)感染の疫学的研究  
 
熊本大学エイズ学研究センター
http://www.caids.kumamoto-u.ac.jp